実行委員長挨拶

実行委員長挨拶

謹啓 

新緑の候、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、今年で第8回を迎える『北区花火会2019』ですが、皆様方からの多大なるご支援とご協力を賜り、年々その規模と内容を充実させてまいりました。

昨年は、「田端文士村と芥川龍之介」と題して、音楽花火に田端の歴史を織り込む演出のほか、赤羽が生んだアーティスト「エレファントカシマシ」とコラボレーションをするなど、地域イベントにおけるエンターテインメントの可能性を皆様にお見せすることができました。 

今年の『北区花火会2019』では新しい令和の時代にふさわしく、8,888発の大輪の花で夜空を彩り、皆様の心に刻まれるひとときとなりますよう、より一層内容や演出に磨きをかけ、奮励努力して参る所存でございます。

秋花火のスタートを飾る『北区花火会』が、全国から多くの方々に楽しみに訪れていただける、東京を代表するイベントとして定着しますよう、皆様の深く温かい愛情と共にお力添えをいただけましたら幸いです。

何卒宜しくお願い申し上げます。

謹白